金沙投注体育

Top

3つのポリシー

こども発達学研究科 こども発達学専攻(修士課程)

ディプロマポリシー

  • どのような成果が得られるか
    •  こども発達学専攻は、こども発達学科の学部での教育研究の実績を土台として、今日の家庭や地域社会の変化に伴うこどもの実態とニーズの多様化に対応し、こどもの成長?発達にむけた的確な教育?支援を実現するための教育研究を推進し、高度の教育実践力量を有する保育者?教育者を養成することを目的とする。
    •  本学が所在する北海道においては、こどもの学力及び体力の両面において、全国的な水準に及ばず、その要因の解明と対策に北海道教育委員会はじめ関係者の努力が注がれているところである。地域社会の文化的環境条件の改善、学校と地域社会の連携の強化、教育活動の内容の向上、教育実践者の力量の養成等がつとに指摘されているが、本学がなし得る課題として、幼児期から学童期にかけての一貫した教育?支援を通して、基本的な生活習慣を確立するなど、学力?体力形成の土台を構築するための教育研究を深めることは、一つの有効な対策たり得ると考える。北海道には、このような幼児期と学童期にかけての教育研究を行う機関は少なく、本学学部の実績を生かして、大学院の教育研究に取り組み、高度の実践力を有する人材を養成することは、本研究科の重要な責務である。

カリキュラムポリシー

  • どのようなことが研究できるか
    •  こども発達学専攻は、今日の幼児期?学童期の教育?保育の現場において求められる「多様なニーズを有する幼児?児童の発達支援に精通した、より高度な実践力を備えた幼児教育?学校教育の実践者」を養成することを目的とし、以下の3つのカリキュラムポリシーを設定する。
      1. こどもの成長?発達を実現するために、常に理論と実践の往還に学び、創意ある実践の展開できる中堅のリーダーの養成:今日の社会における価値観の多様化、家族構成の変化、地域社会の変貌等に伴って、こどもの発達の実態や、これに伴うニーズが多様化しており、これに対応して適切な支援、指導、教育を実行するには、従来にも増して高度な実践力が求められている。
          このため、心理学、教育学、特別支援学等がもたらす理論を深く学ぶとともに、実践により検証し、さらに適切な支援、指導、教育を実現する姿勢と力量が養成されなければならない。そのための講義科目と実践演習を配置する。
      2. 幼児期?学童期の連続性を視野においた実践が展開できる教育?保育者の養成:幼児期と学童期の連続性については「小1プロブレム」に代表されるように課題が少なくない。発達課題、教育課程、学習形態等について広い視野を持ちつつ相互の連続性に配慮した実践が展開できる力量は、これまで十分には養成されていない。本研究科においては、これに応える講義、演習を適切に配置する。
      3. 多様なニーズを有するこどものインクルーシブな教育?支援の展開のできる教育?保育者の養成:幼児期の場においても、学童期の学級においても、多様なニーズを有するこどもたちとのインクルーシブな状況に対するためらいは少なくなく、支援、指導力量の向上が求められている。
          特に、多様なニーズを有するこどもの理解と支援力量の不足が大きい。本研究科では、この要望に応えるべく、特別支援教育関連の科目を適切に配置する。

アドミッションポリシー

  • 求める学生像
    •  こども発達学研究科は、家庭や地域社会の変化にともなうこどもの実態とニーズの多様化に対して、心理学、教育学、特別支援教育学の知識をもとに、課題を正しく分析し、適切な解決方策を策定し、そのもとに創意あふれる実践を展開し、結果を評価して一層の理論と実践の力量を修得することのできる教育研究活動を実行し、「多様なニーズを有する幼児?児童の発達支援に精通した、より高度な実践力を備えた幼児教育?学校教育の実践者」を養成することを目標にし、この目標達成するために、求める学生は以下のとおりである。
      1. こどもの成長?発達を実現するために、理論と実践の往還のなかからの学びにより、創意ある実践を展開できる中堅のリーダーとしての教育?保育者。
      2. 幼児期?学童期の連続性を視野においた実践の展開ができる教育?保育者。
      3. 一般のこどもたちと障害のあるこどもたちのインクルーシブな教育?支援のできる教育?保育者。