金沙投注体育

Top

トピックス – 看護学科 – 金沙投注体育

基礎看護学技術試験の様子(2年生)

2020年02月04日

先月27日、2年生を対象に基礎看護学の技術試験が行われました。

今年度より客観的臨床能力試験(OSCE)を導入し、模擬患者さんにもご協力頂き試験が行われました。

 

OSCEでは、単に技術を習得するだけではなく、対象の状況を理解し、その状況に適した実践能力を身につけ、

看護師としてどのような態度で接するべきか、何をすべきかを知り、実践できる能力をを高めていくために行われています。

2年生はこの日のために練習を重ねてきましたが、試験では学生同士ではなく模擬患者さんのため、いつも以上に緊張した様子が見られました。

 

2年生は、OSCEの試験を経て2月から基礎看護学実習Ⅱに向かいます。

今回の学びを実習で生かせるといいですね。

 

そして、今回特筆すべきは???、今回の試験で誘導やタイムキーパーなど

裏方で大活躍してくれた3年生の存在です。

テキパキとした3年生の動きに、頼もしさを感じました。

終了後、協力してくれた3年生から今回のOSCEについて

「実習のイメージトレーニングができてとても良いと思う」

「自分たちも実習前に行いたかった」などの意見を頂きました。

協力してくれた3年生にとっても、2年生が実施している様子を客観的に見ることで

新たな学びを得る機会になったのではないかと思います。

看護研究Ⅱ 研究計画発表会が開催されました

2019年12月11日

11月29日に4年生の看護研究の研究計画発表会が開催されました。

学生たちは4月から各領域の担当教員の指導の下、研究計画書の作成に取り組んできました。

これまでの学びや経験、興味関心をもとにグループで話し合い、研究テーマの設定を行っています。

高岡学科長より開会の挨拶

 

 

 

発表者は緊張した面持ちではありましたが、堂々とした発表ぶりでした。

 

発表後は学生間で積極的な質疑応答が行われていました。

質問内容や質問に対する応答からも4年生の成長が伺えます。

 

実習や模試で忙しい日々の中、研究計画書の作成に取り組んできたので、無事発表を終え達成感もひとしおだと思います。

 

発表会での質問や意見を参考に研究計画書を修正?完成させたら、次は看護師国家試験です!

残り約2か月、体調に気を付けて頑張って下さいね!

 

女子バスケットボール部 看護学科の学生も活躍!

2019年11月13日

9~10月に開催された第64回女子北海道大学バスケットボール選手権大会において、

金沙投注体育女子バスケットボール部は24チーム中5位という素晴らしい成績を収めました。

女子バスケットボール部に所属している学生のうち5名が看護学科の学生で、学業と部活の両立に励んでいます!

今回の大会では、キャプテンの村上さん(看護学科3年)を筆頭に多くの選手が活躍しました。

3年生にとっては、最後の大会となりましたが、

部活を通して得たチームで協調する力や仲間を思いやる気持ちは、将来にも必ず役立ちます。

看護師を目指して、実習や国家試験の勉強も乗り越えていきましょう!

№ 5 村上さん(看護学科3年)
№19 兼平さん(看護学科3年)

大学祭<おばあちゃんのだがしやさん>

2019年10月17日

今回の大学祭では、老年看護学領域の有志により、

「おばあちゃんのだがしやさん」を出店しました。

出店内容は、駄菓子(うまいぼう、よっちゃんいか等)の販売と昔なつかしゲーム(わなげ、コインゲーム)の主催です。

地域の認知症の方とその方々をサポートするスタッフが中心となって運営しました。

 

 

多くの方々にお買い上げ頂き、大変感謝しております。

ありがとうございました。

看護学科3年生 <母性看護学>学内実習の様子

2019年10月10日

看護学科3年生は、現在、臨地実習中です。

9月の上旬には、母性看護学の学内実習として「子育て支援実習」と「学内実技実習」がありました。

「子育て支援実習」では、

北海道保健福祉部子ども未来推進局の方から、

北海道における少子化対策の現状と子育て支援の取り組みについて、

株式会社エムティーアイ ルナルナ事業部の方から、

企業の妊娠?出産への支援に関する取り組みについてお話して頂きました。

どの学生も興味を持って講義を聴いており、

それぞれの学生が、子育て支援について考える機会となりました。

 

「学内実技実習」では、

病院での実習をシミュレーションし、

モデル人形等を使用しながら、真剣に実習をしました。

 

学内実習の努力が病院実習で発揮されると良いですね。