金沙投注体育

Top

就職?キャリア トピックス

【金沙投注体育の感染拡大に伴う就職課での活動支援について】

2020年04月07日

授業開始迄の期間における就職課でのサポート体制は下記の通りです。
就職について相談がしたいことがありましたら、遠慮なくご連絡下さい。

 

1.業務時間 ?~? /8時45分~17時30分(通常勤務を行っております。)

 

2.就職課での相談?面談については、皆さんの安全を担保するためにも事前予約をお願いします。

(メール又は電話で来訪時刻をお知らせ下さい。)

 

3.自宅からの電話やメールでの相談も受け付けます。

 

4.応募に際し卒業見込証明書や健康診断書を後送する場合は、求人先に提出する説明文書を用意しておりますのでご利用下さい。

 

5.就職課ではWEB面接を受ける方のために、Skypeを搭載したパソコン環境を準備しております。またスマートフォン用のイヤホンマイクも用意しておりますので、利用される方はお申出下さい。

 

6.緊急事態宣言対象地域での就職活動については、本来自粛することが望ましいと考えますが、採用選考等でやむなく対象地域を訪れる場合はご相談下さい。

 

※ 尚、セミナー?対策講座については、授業開始後に改めてお知らせ致します。

 

 

 

3学科共通就活5大イベント第1弾!公務員?SPI試験対策講座が始まりました

2020年02月13日

 

3学科(国際言語?こども発達?健康栄養)の共通就活5大イベントの第1弾として、2月12日(水)より、公務員?SPI試験対策講座が開講されました。
この講座は、公務員試験や一般企業の筆記試験突破を目指す学生が、教養科目の試験に必要な知識を10日間かけて学んでいきます。とても短い時間で広範囲を網羅するため、出題率が高い部分を集中的に学ぶカリキュラムとなっています。

 

公務員専門の講師による講義のため、最新の試験情報が提供され、最終日には実際の試験問題のレベルに即した全国模試を行い、学力のレベルチェックも行うことができます。

 

参加者には1,2年生もいて、公務員を目指す意識の高い学生が集まっています。特に3年生は、公務員受験や就職活動が目前に迫ってきているので、筆記試験対策の集大成として利用している学生が少なくありません。
この講座の学びと普段からの積み重ねの学習により、自信をもって本番の試験に挑めるように、これからも頑張ってもらいたいと思います。

就職内定者セミナーを開催しました

2020年01月16日

 

1月15日(水)就職内定者セミナーを開催しました。

 

このセミナーでは、社会に出た時に必要な基礎知識と心構えを身に付けてもらい、社会人になってからトラブルに巻き込まれた時に、適切に対処できるようになることを目的としています。

 

入社後は、周囲の人々との良好なコミュニケーションが、仕事を円滑に行う第一のポイントになります。学生の時には大目に見られていた言動も、社会人になり意識が変わらなければ、人間関係をこじらせる原因になります。OJTでの関わり方やハラスメントについて学びながら、実際に起こりえる事例について、周囲の人と話し合いながら対処法を考え、理解を深めていきました。

 

このセミナーでの学びを活かして、4月から新社会人として頑張ってもらいたいと思います。

こども発達学科の内定者にインタビュー!

2020年01月09日

こども発達学科4年生の内定者6名に、現在の心境?抱負?後輩へのメッセージを尋ねてみました。

 

☆北海道小学校教諭 登録(採用内定)
池田 琳 (出身校:北海道帯広緑陽高等学校)

 

<現在の心境> 私は、北海道教員採用選考検査の結果、小学校教諭として登録されました。大学入学の当初から、教員になることが夢だったので叶えることができて嬉しいです。先生方や仲間、そして家族の支えがあり、ここまで頑張ってこられたのでとても感謝しています。
<抱 負> 4月からは、教員としての自覚をもち、何事にも真摯に取り組んでいきたいと思います。そして、ひとりひとりの児童に寄り添い、私自身も児童とともに成長していきたいです。
<後輩に一言> 新年の1月から教員採用検査日の6月までは、あっという間に過ぎました。一日一日を大切にして、まずは一次検査に向けて頑張ってください。

 

 

☆北海道特別支援学校教諭 登録(採用内定)
岩田 桃子 (出身校:北海道釧路江南高等学校)

<現在の心境> 私は、北海道教員採用選考検査において、特別支援学校教諭として登録されました。高校のころから特別支援学校の先生になることを目指していたので、文教大学に来てその夢を叶えることができて、たいへん嬉しく思います。
<抱 負> 4月からは、ひとりの教員としての自覚と責任をもつとともに、目の前のこどもたちを第一に考えて個々のニーズに合わせた必要な支援を行い、常に学び続ける教員になりたいと思います。
<後輩に一言> こどもたちと関わる機会を絶やすことなく、勉学との両立に努めてください。また、教育実習の際には、現場から実践力を学ぶとともに、こどもたちを通して「できた喜び」を肌で感じましょう。いつの日か、一緒に仕事ができることを願っています。

 

 

☆札幌市役所(保育士)登録(内定):3名

(写真左から佐藤?菅原?中谷)

菅原 葉月 (出身校:北海道留萌高等学校)
<現在の心境> 内定が決まって、ほっとしています。また、新しい環境に一歩踏み出すことへの期待や不安が入り交じっているというのが今の心境です。さらに、ともに切磋琢磨した仲間や面接練習をしてくださった先生方、応援してくれた友人や家族に、とても感謝しています。

 

佐藤 咲希 (出身校:北海道札幌南陵高等学校)
<抱 負> まずは体調管理をしっかりと行い、社会人として自立した生活を送ることができるよう努力していきます。そして、現場では目上の方や保護者の方、子どもと信頼関係を築くことを大切にし、「この先生なら安心して子どもを預けられる!」といってもらえるような保育者を目指していきたいです。

 

中谷 美月 (出身校:北海道帯広三条高等学校)
<後輩に一言> 一次試験の筆記だけでなく二次試験の面接でも、大学の講義で学んだことや、在学中に頑張って取り組んだことの経験がとても役に立ちます。日ごろからしっかりと準備していることが大切です。是非、大学生活で勉強したことを生かして頑張ってください。

 

 

☆北海道小中学校事務職員登録(内定)                                                                                 成田 翔貴 (出身校:北海道函館稜北高等学校)

<現在の心境> 友人の多くが教員採用試験に向けて勉強している中、私一人で公務員試験の準備をするのが辛いときもありました。しかし、学校教育の仕事を切望していたので、内定が決まったときは、頑張ってよかったと思いました。学校事務職員の職務について改めて考えていきたいです。
<抱 負> 学校事務の処理はもとより、教員の皆さんに頼られる事務職員を目指します。また、学校の窓口となる職員としての専門性(コミュニケーション力、対応力)を磨いていきたいです。
<後輩に一言> 1次試験対策としてひたすら問題集を解いていました。大学図書館にはテキストがたくさんありますよ。学校には教員以外の職員も勤務しています。実習やボランティア活動の際には、事務職員の働く様子にも注目するとよいでしょう。

 

健康栄養学科4年生内定式に参加!

2020年01月08日

健康栄養学科4年生の内定者2名から、企業内定式の様子やそれぞれの就職活動についてインタビューしました。

 

〇健康栄養学科4年 藤木 穂乃香(旭川商業高等学校出身)
株式会社ANAケータリングサービス(商品開発職)内定

 

10月1日(火)に本社のある羽田工場にて緊張感漂う中、全国から集まった入社予定者と内定式に臨みました。式では会社の方から「来てくれてありがとう。これから一緒に会社を盛り上げましょう!」という言葉で仕事への意欲が高まりました。1月中旬以降には配属先(羽田、成田、川崎のいずれかの工場)が決まり、管理栄養士の資格を生かして、調理業務以外にも食材取り扱いや衛生?品質管理などの複数の業務に携わり「世界に日本食を知ってもらいたい」という想いを大切に仕事に励みます。

 

〇健康栄養学科4年 岡本 真紀(旭川西高等学校出身)
石屋商事株式会社(営業販売職)内定

 

10月1日(火)に本社にて大卒内定者25名と内定授与式に参加。式終了後には「社会人と学生の違いについて」のグループワーク等で交流を深めました。会社からは「残りの大学生活を楽しむこと」や「これから社会人となる自覚をもつこと」等の言葉を頂き、身の引き締まる思いをしたそうです。就職活動は3年生の就職講座で企業と接点をもったことがきっかけとなり自己分析や業界?企業研究、エントリーシートの作成に繋げました。早目の行動と採用担当者との距離を縮めていくことが大切だと実感しました。

国際言語学科4年生企業内定式に参加!

2019年11月27日

☆国際言語学科4年 白府 美穂(旭川実業高等学校出身)
ANA新千歳空港株式会社(旅客ハンドリング)内定

<内定式に参加して>
10月1日、ANAクラウンプラザホテル千歳にて150名程が集まるマンモス内定式に参加しました。社長演説では会社の歴史?今までの歩みとこれから会社が目標とする将来事業展開のお話がありました。先輩社員からは職種別?グループ別に動画による実務コメントを頂き、これから社会人になる覚悟が湧いてきました。最後に、内定者名全員の名前が記載されたスクリーンが登場し、ひとり一人全員の名前が呼び出されて終了。現在学生ですが、翌日から社会人生活が始まる錯覚に陥りました。
<これからの抱負>
航空業界を希望した最大の理由は、元々旅行が好きでした。特に旅の始まりと終わりの場面である空港施設に興味がありました。世界各地から人が集まり、国際色豊かな職場への就職が叶いましたが、将来的には人作り?人材育成に挑戦していきたいと考えています。
<後輩に一言>
元気、礼儀、愛想の良さが求められる仕事だと思います。短期間でも留学経験することと英語力の向上を推奨します。

 

 

☆国際言語学科4年 小笠原 太地(北海道札幌啓成高等学校出身)
株式会社カナモト(営業職)内定

<内定式に参加して>
10月1日、本社会場(札幌市)に内定者90人が集合。営業?技術?広報?事務?海外部門への配属予定者が全国から集まりました。社長訓示では、オリンピック開催(東京)、日本ハム新球場関連施設(北広島市)等インフラ整備を中心に「全国的に大型レンタル機械の重要性がますます高まる」とのことでした。全国から集まった内定者との交流の中では、明るく元気な体育会系の人が目立ちました。
<これからの抱負>
入社前研修?ビジネスマナー研修に参加しました。入社後も社員研修は積極的に実施する社風があります。自分自身のキャリアアップを目指せる環境に恵まれているので、仕事に全力を尽くしながらも積極的に講座?研修に参加して、またそれを仕事に生かせるような好循環を作りたいと思います。
<後輩に一言>
企業風土は明るく、元気で、ハキハキとした体育会系の乗りが求められます。就職活動開始時期は、スタートは遅くても5月連休前には開始し、失敗(不採用)を恐れず自分の意志と責任で動くことが大切です。

 

国際言語学科4年生 教員採用検査合格!(英語&国語)

2019年11月26日

☆国際言語学科4年 山口 匠
金沙投注体育2年度北海道中学校教諭登録(英語)

<今の心境>
今は嬉しさと安心感でほっとしています。教員一筋、ストレート志望だったので「失敗」した場合の不安と葛藤との闘いでした。家族への感謝の気持ちと同時に、これからは恩返しする立場なので気持ちが引き締まる思いです。来年4月、社会人としてのスタートするまで半年近くありますが、社会人スタートの準備期間として有効に活用していきます。

<これからの抱負>
これからは、小学校の英語教育が本格取り入れに伴い、中学校との協力連携が必要になってくると思います。自分自身の英語基礎力をもう一度見直し、幅を拡げていきます。また、英語授業では英語力だけではなく、子どもに対し人としての対応力?人間力をより磨いていく覚悟です。

<後輩に一言>
採用試験に向けて事前準備活動に重点を置きました。実習?ボランティア活動では自分の考えを整理することと、成功体験や気付いた事は、その場で自分の心の中にインプットする習慣を作ったことが役立ちました。

 

☆国際言語学科4年 村島 優太
金沙投注体育2年度北海道中学校教諭登録(国語)

<今の心境>
私の就職活動は教員一本で行ったので、最終結果が出るまでは不安な毎日の連続でした。「国語」を選択した理由は「ことば?小説?読書」が元々好きである事や金沙投注体育の先生方のご指導?影響を強く受けたからです。
教員になっても学ぶ意識はいつまでも忘れないようにしたいと思います。

<これからの抱負>
生徒目線を大切に「愛される先生」?「信頼される先生」を目指します。思春期の生徒は心の変化が激しく、気持ちが不安定な状況にありますが、教員実習やアシスタントティーチャー(恵庭市内)の経験から、生徒目線で接する距離感が大事だと思いました。今は生徒ひとり一人の距離感を掴むことにやりがいを感じています。

<後輩に一言>
私の場合、実習後すぐに教員1次試験がありました。採用試験日程にもよりますが、1日でも早く試験準備を開始したほうが良いです。

R-CAP解説セミナー

2019年11月19日

 

11月12日?13日にR-CAP解説セミナーを行いました。
これは、10月中旬に2~3年生を対象に職業適性テスト(R-CAP)を行い、個人別の結果を配布した上でのセミナーです。
それぞれの結果には、自分の特性や思考、やりがいを満たす可能性の高い職業ランキングなどが詳しく書かれていますが、読んだだけでは解りづらいので、就職活動にどのように使えばよいのかを専門の講師を招き、教えてもらいました。

 

セミナーは、ワークショップ型式で進められ、2~3名のグループになって、結果内容を話し合う時間がありました。その中では、「自分で気が付いていない一面があった」などの発見が沢山あり、これからも日常生活で意識して行動していきたいとの声があがっていました。

 

事後のアンケートではセミナーの満足度が高く、「就活の自己PRに使える!」、「今後も見返していきたい」という意見がたくさん出ていました。参加者の反応を受けてか、受検しなかった学生からは、受ければ良かったなどの声もありました。

 

早めに自己分析を行うことで、就職活動のスタートを切る時に、履歴書やエントリーシートの苦手意識やつまずきを払拭できるようになります。今後は、このセミナー内容や結果を上手に活用して進めてもらいたいと思います。

3年生!就活へ第一歩!!公務員無料模試&ガイダンス実施!

2019年09月27日

9月26日(木)公務員無料模試&合格ガイダンスを行いました。
夏休み最終日でしたが3年生をメインに多くの学生が集まり、これから始まる就職への意識の高まりが感じられました。

 

公務員試験にまだ馴染みが無い学生が多いということで、冒頭に公務員専門講師より、合格率や職種別の問題の種類などのお話をしていただきました。
本学は行政職の他、栄養士や保育士の資格職公務員の希望者が多く、またその場合、一般企業や民間の保育園等を併願しているケースがほとんどの為、公務員試験とSPI試験の違いや勉強方法などを教えてもらいました。

 

このような無料模試は学内で年に数回行っており、また、過去に行った模試の問題集も就職課で配布していますので、何度もチャレンジすることで合格判定の目安が分かり、時間配分にも慣れることが出来ます。
2月には公務員?SPI試験対策講座も行いますので、どんどん参加して、自分の学習に活用してもらいたいと思います。

サテライトスペースin札幌

2019年09月19日

 

就職課では、就職活動や実習等で大学に行く時間がない学生に対して、JR札幌駅北口から徒歩3分の所にサテライトスペースを設置し、職員が出向き就職相談や面接練習を行っています。
利用は予約制ですが、急な相談が必要な時に、学生に移動の時間的負担をかけずに無料で利用できるので、大変好評を得ています。
就活の最盛期には希望者を集めて、就職応援講座もこちらで開催しています。
札幌を中心に就活を行っている方は、是非活用してもらいたいと思います。