欧洲杯比分投注

メニュー
  • HOME
  • 3つのポリシー

3つのポリシー

グローバルコミュニケーション研究科 言語文化コミュニケーション専攻(修士課程)

1.学位授与方針(ディプロマ?ポリシー)

グローバルコミュニケーション研究科は、履修規定によって必要単位を取得し、必要な修業年限を満たしたうえで、次の能力を身につけていると認められた学生に「修士(言語文化コミュニケーション)」の学位を授与します。

  • 各領域が対象とする専門分野に関する専門的な知識および技能を修めている。(知識?技能)
  • 各領域の主要言語に関する高度な語学力?応用力などの言語運用能力を備えている。(知識?技能)
  • 言語?文化に関する総合力を身につけ、国内外のさまざまな問題に関心を持ち、そのニーズに応えることができる。(関心?意欲?態度)
  • 各領域の分野において研究した問題を論文にまとめ、発表できる能力を身につけている。(思考?判断?表現)

2.教育課程の編成?実施方針(カリキュラム?ポリシー)

グローバルコミュニケーション研究科は言語文化コミュニケーション専攻のみの一専攻であるが、「英語?英米言語文化コミュニケーション領域」「中国語?中国文化コミュニケーション領域」「日本語?日本文化コミュニケーション領域」の三領域を設けています。各領域に関する専門知識、技能、研究能力を修得し、高度な言語運用能力を駆使して活躍できるようになるための教育課程を編成します。

  1. 教育内容

    (知識?技能)

    • 実践的な言語の運用能力を身につけるために、言語に関するコミュニケーション能力養成のための翻訳、実践演習等の科目が領域ごとに配置されている。

    (思考?判断?表現)

    • 論文作成のための特別な科目(研究方法論)を設けている。

    (関心?意欲?態度)

    • 社会の国際化という変化に対応できる専門性と持続性を考慮し、専門的な知識、豊かで幅広い教養、コミュニケーション能力などを培うための科目群(共通科目B)が配置されている。
  2. 教育方法
    • 講義?演習科目は少人数のゼミ方式が主であり、院生の主体的な参加型授業となっている。
    • 修士論文指導は丁寧な個別の研究体制を駆使して少人数指導または個人指導により行う。
  3. 教育評価
    • 講義?演習科目はレポートをはじめディスカッションペーパーや試験、および授業時間における発表や討論などの内容について評価する。
    • 修士論文は複数の論文指導教員と学位論文審査教員による審査を通じて評価する。

3.学生の受け入れ方針(アドミッション?ポリシー)

求める学生像
グローバルコミュニケーション研究科は、国際社会の理解に必要な知識?技能を積極的に吸収しようとする向上心にあふれた研究意欲のある次のような学生を受け入れます。

(知識?技能)

  • 大学で習得した言語?文化に関する十分な基礎学力を有している人。

(思考?判断?表現)

  • 異文化を理解するに当たって柔軟で創造的な思考ができる人。
  • 研究計画について論理的に考察?整理し、分かり易く伝えることができる人。

(関心?意欲?態度)

  • 高度な言語運用能力を身につけ、さらに高度な「言語?文化?コミュニケーション」を専門的に研究したい人。
  • 異文化圏に関心を持っている人。
  • 幅広い知識と教養を身につけ、高度な言語運用能力を高め、活躍したいと望んでいる人。
  • 国内外の研究活動を通じて、さらに視野を広めて言語と文化に対する感性を磨き、修了後は翻訳や通訳などに従事する専門的職業人として国内外で活躍したいと望んでいる人。

公式SNSSNS