金沙投注体育

Top

お知らせ – 金沙投注体育

[企画課]ENIWA学『漁川物語』FM e-niwa毎週火曜O.A中!

2020年02月28日

 昨年12月、地域文化の発掘で取り組むENIWA学の一環として、本学学生による朗読劇『漁川物語』が、緑と語らいの広場「えにあす」(恵庭市緑町2)で上演され、多くの方々にご観覧いただくことができました。

 そこで現在、恵庭市地域FM放送「FMいーにわ」において、3月末までの毎週火曜「サウンドスケープエニワ」コーナー(下記時間)にて、リーディングシアター『漁川物語』をO.Aしております!

 ENIWA学に参加している本学学生の魂がこもった声、ちょっと聴いてみませんか??


クリックでPDFでの閲覧が可能です。


 今回のENIWA学、朗読劇などにとどまらず、今後も恵庭地域とのつながりを強めていけるよう、学生発信の企画や取り組みを本学から随時紹介していく予定です。
 本学HPのほか、地域情報紙『ちゃんと』などのイベント告知欄にも掲載していきますのでぜひチェックしてみてください!



〈漁川物語(いざりがわものがたり)〉

1991年発行で、恵み野小学校6年生46人が結成した「漁川保護少年団」と、担任だった吉弘教諭が創作した物語。時代の変遷とともに姿を変えていく漁川をカワセミの視点で描いたストーリーになっており、地元の高齢者に昔の漁川の様子を取材するなどしてまとめた。今回、学生らは恵庭地域に深く根差した作品として本作品に着目して内容を再構成し、2019年12月22日に朗読劇として上演、再発信した。